風俗のお茶引きとは?お茶を回避して稼ぐ方法を伝授!

今回は風俗のお茶ひきについて説明します。

風俗のお茶とは

風俗のお茶とは、お客さんが来ないことを意味します。江戸時代の吉原では客が来ない遊女がお客さんにお茶を出していました。暇で客が取れない遊女はお茶くみとかの雑用でもやってろ!って感じですね。

現代の風俗では、お茶を引いても女の子に雑用をやらせることはありませんが、この習慣の名残から、今でもお客さんが来ない風俗嬢のことを「お茶引き嬢」と言うのです。

 

お茶を引きやすい業種

ちなみに、風俗ではお茶を引きやすい業種があります。お茶引きにうんざりしているのなら、これらの業種は避けたほうがいいでしょう。

オナクラなどのソフト風俗

オナクラなどのソフト風俗は非常にお茶を引きやすいです。なぜなら、ソフト風俗はハード風俗に比べて需要がなく、お客さんがもともと集まりにくいからです。

実際、仕事が楽そうだからとオナクラで働いてみたら全然お客さんが来なくて困り果ててしまう・・・という自体はよくあります。

さらに、オナクラは指名客の割合が非常に高いので、指名を獲得できないとまずお茶を引いてしまうでしょう。

風俗エステ

エステもオナクラほどではありませんがお茶を引きやすいです。エステは手だけのマッサージがメインなので、手コキだけならデリヘルやソープに行ったほうがいいと考えるお客さんが多いですし、指名客の割合も高いです。

デリヘル

デリヘルなどの派遣型風俗全体もお茶を引きやすいです。なぜなら、デリヘルの売上の半分以上は指名客で成り立っているからです。裏を返せばフリー客があまり来ないので、指名が取れない子と人気嬢の間にものすごい格差が生まれてしまいます。

そのため、新人期間が終わって指名が取れなくなるとお茶を引く確率が高くなってしまうのがデリヘルなのです。

高級店

高級店はお客さんの数が少ないのでお茶を引きやすいです。高級店は単価が高いので一般庶民が利用することができません。少数の金持ちしか利用できないため、お客さんの数が少なくお茶を引きやすくなってしまうのです。

時給2万円以上などの高額バックに釣られて応募してみたら、お客さんが全く来なくて毎日お茶を引いてしまうことだってよくあることなのです。

お茶を引きにくい業種

では、次にお茶を引きにくい業種は何でしょうか?

ピンサロ

ピンサロは最もお茶を引きにくい業種です。なぜなら、ピンサロは単価が安い分フリー客の数が一番多いからです。また、ピンサロは時給制なのでお客さんが来なくてもお金がもらえます。最低でも時給分は給料がもらえるため、お茶を引くという事自体がありえないのです。

ソープランド

ソープランドもフリー客が多く、お茶を引きにくいです。格安店のような回転率が高いお店なら、フリー客だけでも100万円以上稼げることもあります。

ただ、中には不人気でお茶を引きやすいソープランドもあるので、お店選びが非常に肝心です。

激安・格安風俗

いわゆる格安・激安と言われている風俗店はお客さんの数が多いためお茶を引きにくいです。特にピンサロやヘルス・ソープなどの店舗型の場合はさらにお茶を引きにくいです。

お茶引き嬢にならないために

風俗バイトはお客さんが来ないと1円も稼げません。
そのため、お茶引き嬢になってしまうとただ時間を無駄にするばかりで待機所でずっとボーッとしているだけになってしまいます。

これを防ぐためには、お茶ひき嬢から脱出して人気嬢になるための努力が必要です。

①お店を移籍する

お茶引き嬢を脱出するために一番効果があるのがお店を移籍することです。そもそも、人気がなくてお客さんが来ないからお茶を引いてしまうのです。人気のお店なら氏名が取れなかろうがスタッフから干されようが、嫌になるほどフリー客が来るはずです。

どれだけあなたが写メ日記を更新しようが、接客態度を気をつけようが、人気のないお店なら全く無意味です。お茶を引かない人気店に今すぐに移籍しましょう。

また、人気のお店でもあなたとお店のカラーが合っていないこともあります。たとえば、あなたが30代なのに若い子が多い風俗店で働いていていたり、ぽっちゃりしているのに普通の風俗店で働いている場合などです。
こういった場合、人妻風俗やぽっちゃり専門店などに移籍すると解決する場合が多いです。

②人間関係を解決する

スタッフから干されているとフリー客を回してくれなくなります。普段から挨拶したり、やる気アピールなどをしてスタッフから好かれるようにしましょう。

ただ、一度こじれた人間関係をもとに戻すのは難しいため、結局移籍するのが一番簡単かもしれません。

③お茶を引かない努力をする

お店自体に人気があって、スタッフにも干されていない場合はお茶を引いてしまうのは自分に問題があります。

指名がもらえるように

・写メ日記を更新する
・TwitterなどのSNS集客を頑張る
・営業ライン・メールを送る
・接客を頑張る

などの努力をしましょう。

まとめ

風俗でお茶を引くのは時間の無駄です。お茶を引くのは本人の努力不足ということもありますが、多くはお店に問題があることが多いです。

そのため、お店を移籍すればお茶ひきを解消できる事が多いです。

特にオナクラなどのソフト風俗やデリヘルなどの無店舗型風俗はお店の売上のほとんどを指名客が占めているため、指名を取れないと稼ぐのは難しいです。

店舗型風俗や激安風俗などを選ぶとお茶を引きにくいので、お店選びの参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました