風俗の面接の合格率と採用されるコツや対策、必勝法はある?

今回は、風俗の面接の合格率と採用されるコツ、対策法について紹介します。

風俗の面接の合格率は20%程度

 

結論から言うと、風俗の面接の合格率は20%程度です。
これは、私がある大手風俗グループの面接合格率をこの目で確かめたので、れっきとした事実です。
10人の女の子が風俗の面接に応募しても、採用されるのはたった二人・・・

風俗嬢になるためには結構厳しい関門をクリアしないといけないのですね。

合格率20パーセントは一般的なデリヘル

 

ただ、先ほどの例はあくまでも一つの風俗グループのケースです。

お店によって面接合格率は異なっているため、実際には合格率が20パーセントより高いところもあれば低いところもあります。

とはいえ、同じような価格帯の風俗店の面接なら、どこも合格率は20パーセント程度だと思います。
私が確認したのは、価格帯が60分15,000円程度で若い子が多いいわゆる一般的なデリヘルでした。
そのため、20代前半の女の子が多いデリヘル・ホテヘル・ヘルスなどの大衆風俗の面接合格率はおそらく20パーセントぐらいだということができます。

激安店や人妻店は採用率が高い

 

一方、サンキューグループのような激安店や、人妻花壇のような人妻・熟女店は採用率がとても高いです。
人妻花壇グループは採用率99%を掲げていますし、このような激安風俗の求人欄を見ると

採用率99%以上!やる気さえあれば誰でもOK!
容姿やスタイルに自信がなくても大丈夫!

みたいなことが書いてあります。
なかなか風俗の面接に合格しないというのなら、このような激安・人妻、ぽっちゃりなどの風俗店の求人に応募すればいいでしょう。

高級店は1%未満

 

高級ソープや高級デリヘルなどの高級風俗は、面接合格率が極めて低いです。
面接合格率は2%~3%で、中には1%未満の風俗店もあります。

これらの風俗は単に顔がかわいいというだけでは採用されないことがあります。
お客様に対する気づかいやサービス精神なども面接で見られていることがあるため、普通の会社の面接以上に突破することは困難です。

そもそも高級風俗には現役のモデルやAV女優なども在籍しているので、容姿やスタイルのレベルも非常に高いですが・・・

風俗の面接の内容

 

基本的に風俗の面接で尋ねられるのは

週に何回ぐらい働けそうか
仕事の説明
いつからバイトを始められそうか?
お給料の説明

など、面接と言うより仕事内容や労働条件の説明がほとんどです。
一般の面接のように志望動機や長所・短所などをアピールする必要はありません。

 

そもそも、何で風俗で働きたいと思ったの?とか質問するのは失礼じゃないですか?笑
そんなの金が欲しいからに決まってるだろうが!とキレられても文句は言えませんよね?

さりげなく聞かれることはあっても、普通の面接のようにあなたのことを根掘り葉掘り聞かれることはないです。

あと、風俗の面接に受かりやすい服装などの記事を見かけますが、あれも眉唾だと思っています。
後述しますが風俗の面接の合否は、会う前にほぼ決まっているので、普段着でOKだと思います。

風俗の面接の場所

 

風俗の面接をする場所は店舗かファミレス、喫茶店などです。
とくに場所は定められていません。

風俗の面接官について

 

風俗の面接官は風俗スタッフの中でも店長クラスの管理職が行うことが多いです。
女の子の採用は売り上げに直結するので、一般のスタッフが面接を行うことはまずありません。
大きなグループでは採用担当の部署があり、採用専門のスタッフがいるところもあります。
また、最近では大手を中心に元キャストの女性を採用担当として起用しているお店も多いです。

風俗の面接で用意するもの

 

風俗の面接で用意するものは写真付きの身分証です。
高校生を除く18歳以上しか風俗店で働いてはいけないという決まりがあります。18歳未満を働かせるとお店が警察に潰されるので、身分確認はかなり厳しく行われます。
運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどを面接に持参します。

もしこれらの写真付き身分証明書がない場合は、保険証などの身分証と卒業アルバムを持参することが多いです。
特に、20歳未満の場合は高校生が紛れ込んでいるため、写真付き身分証明書と卒業アルバム両方を提出するお店もあります。

風俗の面接対策はあるの?

風俗の面接の合格率を上げる対策法を紹介します。

風俗の面接対策はとくに意識しなくていい

結論から言うと、風俗の面接対策は特に意識しなくていいです。
なぜなら、風俗の面接は一部の高級風俗を除いてあってないようなものだからです。

どういうことかと言うと、風俗で採用されるかどうかは、見た目と年齢が99.9%だからです。

これは、若くて綺麗な子しか風俗バイトができないというわけではなく、あなたの見た目と年齢がお店が定める基準をクリアすれば即採用となります。

この基準はお店によって異なります。熟女店なら基準はユルいですし、高級店ならとても厳しいです。
そして、このお店側で決められた見た目と年齢の基準さえクリアしていれば、よほど態度が悪くない限り面接に合格できます。

頭のおかしい子は弾かれる

 

しかし、よほど常識がなかったり、日本語が通じなかったりする子は当然ながら不採用になります。

やはり風俗バイトをやっているとこういうトラブルメーカーのような子を採用してしまうことがあるようで、頭がおかしい子を弾くために面接しているという側面もあります。

ただ、普通に会話できればOKなので、あなたに社会人としての最低限の常識があるのなら気にしなくても大丈夫です。
というか、風俗の面接に内面的な理由で落とされるような頭のおかしい奴はこんなサイトの記事を読まないでしょう笑

あとはリスカ跡やタトゥー、傷跡がないかの確認も行われます。

風俗の面接の真実

あと、風俗の面接はグループ店の場合はかなり変わっています。
かわいい子は高級店、普通の子は大衆店、ブスは激安店や熟女店、と女の子によって働くお店を振り分けているのです。
ここではあまり書けませんが、オナクラの求人を出して女の子を面接におびき寄せ、デリヘルやホテヘルに流すという手口を使っている大手デリヘルグループも未だに存在します。

まとめ

風俗の面接対策は何もしなくてOKです。なぜなら、見た目と年齢で採用か不採用かは99%決まるからです。
もし、同じような価格帯のお店を何個か受けてみ落ちるようなら、ランクを下げて応募してみてください。
風俗の面接の合格率はお店の価格帯で決まります。お客さんが支払う値段が安いほど誰でも合格できます。

特に30歳以上は年齢だけで不採用になっている可能性もあるので、熟女店や人妻店も応募してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました