風俗バイトは暴力団・ヤクザ・半グレ・反社会勢力と関わりがある?

風俗バイトについて

今回は風俗バイトと暴力団や半グレとの関係性について説明します。

風俗でバイトしていても暴力団との関わりは一切ない

結論から言うと、風俗嬢としてバイトしている限り、暴力団や半グレと関わることはありません。
なぜなら、風俗店を経営しているのはやくざではなく、一般人だからです。

風俗店は国から許可をもらって営業しており、暴力団が経営しているお店はほとんどありません。

もちろん、一部のお店は半グレやヤクザが経営しているところもありますが、そういったお店はシティヘブンやバニラなどのWEBサイトに掲載できません。文字通り「裏風俗」というカテゴリに分類されます。

このため、反社会的勢力と関わりたくなければ求人サイトに掲載されているお店から選ぶようにするといいでしょう。

暴力団が風俗に関わっていない理由

暴力団が風俗に関わっていない理由は簡単です。

なぜなら、暴力団が風俗店を経営しているのが警察にバレた場合、お店が潰れるだけでなく組員も逮捕されてしまうからです。

暴力団員が処罰をうける場合、一般人よりも厳しく罰せられる傾向があります。そのため、刑務所に入るリスクを冒してまで風俗店を経営しようとする暴力団員は少ないです。

風俗業は許可制で、国に届け出を出して営業しています。また、そこで働いている人の名簿も全部国が管理しています。

国はいつでも風俗店を潰そうと思えば潰せるため、暴力団は直接風俗店を経営するようなリスクの高いことはしないでしょう。

そのため、風俗でバイトしていても暴力団やヤクザなどと関わり合いになることはまずないといっていいでしょう。

ネットに掲載されている風俗店は全部大丈夫

シティへブンや口コミ情報局などの風俗サイトは、国に届け出を出している合法的な風俗店しか掲載できません。
こうしたお店は反社会的勢力が経営していることはまずないです。

もちろん、バニラなどの求人サイトも届出確認書を提出しなければ掲載できないため、違法な風俗店にうっかり応募してしまうことはありません。

違法な風俗店は注意

ですが、国に対して届け出を出していない違法な風俗(無許可風俗)の場合は話が異なります。
本へル、本サロと言われている国に許可されていない違法風俗では未だに暴力団と付き合いがある風俗店もあるので注意が必要です。
ですが、こういった違法風俗はネット上に広告を出せないのでネット上から応募するのに関しては安全です。

風俗とヤクザのかかわり

そもそも、風俗とヤクザのかかわりを誤解している人がいます。
風俗はヤクザが経営しているのではありません。

多くの風俗店は、ヤクザにみかじめ料(用心棒代)などを渡していただけです。
こういったことは風俗店だけでなく、キャバクラなどの飲み屋や、パチンコ店もみかじめ料を渡していました。現在ではだいぶ厳しくなっていますが、飲み屋の場合はいまだにみかじめ料を支払っているところもあるようです。

また、もっと昔は普通の弁当屋さん、レンタルビデオ屋さんなどもヤクザにみかじめ料を払わされていた時代もありました。

ですが、次第に警察による締め付けが厳しくなってきたために、現在ではみかじめ料を納めている地域は激減しています。
さらに、最近ではみかじめ料を受け取ったほうだけでなく、払ったほうも取り締まられるようになってしまいました。
このため、風俗と暴力団、反社会的勢力とのかかわりは現在ではほとんどなくなりつつあるのです。

特に、東京都など締め付けが厳しいエリアでは暴力団と関わり合いになることすら少なくなってします。

仮に暴力団が経営していても分からない

もちろん、中には暴力団関係者が経営していた風俗店も少ないですが実際にあります。暴力団がお金だけ投資して、一般人に経営させているような形が多いと言われています。

この場合、ヤクザが風俗を経営していたとしても、実際に暴力団員がスタッフとして勤務しているわけではありません。

暴力団と風俗店の関係性があることが明るみに出ると、警察に潰されてしまいます。そのため、暴力団が直接お店を経営するのではなく、お金だけ出資してあとはカタギの人間に任せていることがほとんどです。

そのため、ヤクザが経営している風俗店では、上納金を納めている以外の関係性はほとんどなく、暴力団員がお店に来ることもほとんどありません。

実際、懲役太郎さんという元暴力団員のyoutuberが仰っていましたが、彼の知り合いにセブンイレブンやスターバックスを経営している暴力団員がいるそうです。

また、過去には学習塾が暴力団と癒着していて問題になったこともあります。もちろん、ヤクザが塾講師をするはずがなく、影でお金のやり取りがあったというだけです。

このように、暴力団は一般社会にも溶け込んでおり、一般企業と見分けがつかなくなっています。

そのため、もし風俗をヤクザが経営していたとしても、女の子や末端のスタッフもその真実を知ることはおそらくないでしょう。

風俗嬢に危害を加えることはない

また、風俗を暴力団が経営していたとしてもそこで働く子に危害を加えることは通常考えられません。
女の子がいなくなったらお店が続けられなくなってしまいますし、警察に言われたらお店が潰されるからです。

そのため、暴力団が経営していようが、半グレが経営していようが、普通の風俗と同じなので、

もしうちが働いているお店がヤクザが経営していたらどうしよう・・・

と過剰に怖がる心配はありません。

もし暴力団と関わってしまったら

もしあなたが暴力団と関わってしまったのなら、警察に迷わず通報しましょう。
なぜなら、警察はどんな暴力団よりも圧倒的に強いからです。

日本国内で警察に勝てる暴力団は絶対に存在せず、暴力団は警察に絶対に逆らえません。

警察に逆らった瞬間、その暴力団がたとえどれだけ強くて凶悪だったとしてもたちまち壊滅させられます。

最近の警察は暴力団や半グレを本気で潰そうとしているため、トラブルになった場合は喜んで手を貸してくれるでしょう。

最近は、暴力団が自分のことを暴力団員であると相手に告げただけで脅迫罪が適用される世の中です。
このため、暴力団や半グレなどの被害に遭ってしまった場合はすぐさま警察に通報することをおすすめします。

まとめ

 

風俗と言うと怪しい、いかがわしいイメージがあります。
ですが、実際は普通の一般企業が経営していることがほとんどで、働いている人たちも普通です。
普通に風俗でバイトしている限り、ヤクザや半グレと関わることはほとんどありません。

風俗店を経営していれば暴力団と関わる可能性もあるかもしれませんが、お店で働いている女の子やスタッフが関わる可能性はまずないといっていいでしょう。

暴力団などの犯罪にかかわることは思ったよりも少ないため、是非安心して風俗バイトをしてみてくださいね!

 

口コミ・コメント

タイトルとURLをコピーしました