チャットレディは確定申告で会社にバレる?絶対にバレない税金対策

今回はチャットレディをしていることが会社にバレない方法を紹介します。
この方法を試せば、確定申告などの税金関係から、絶対にバレないです。

私は男性でありチャットレディではありません(昔チャットレディと付き合っていましたが)
ですが、会社員をしながら何年も月額数十万円以上稼いでいた経験があります。
副業で得た利益は確定申告していますが、今まで一回もバレたことはありません。

チャットレディだろうが何だろうが副業がバレない方法は同じです。
私が実際に行っている副業が会社にバレない方法を紹介しますので、チャットレディのあなたも是非お試しください。

会社は「チャットレディをしていた」ことまで分からない

 

結論から言うと、確定申告などの税金関係でチャットレディがバレる心配はありません。
なぜなら、会社はあなたが何らかの収入があることを、住民税から知ることはできます。

ですが、それが何の収入なのかを突き止めることは絶対に分かりません。
つまり、会社は税金関係からは、あなたが自己申告しない限り、チャットレディをしているかどうか特定されることはありえないのです。

チャットレディの税金はいくらから納めたらいいのか

チャットレディの報酬は専業の場合55万円から、副業の場合20万円以上で確定申告する必要があります。
月収で言うと1万6千円程度ですね。

学生の場合は130万円以上で確定申告しなければなりません。

 

チャットレディと確定申告

チャットレディで得た収入は確定申告する必要があります。
確定申告は難しそうに感じますが、本業がある方は雑所得扱いになるため、役所へ行って申告するだけです。
税務署職員に聞けば手取り足取り教えてくれますし、税務署内のパソコンから稼いだお金を申告するだけなので誰でもできます。

所得として申告するのは収入-経費です。とはいえ、副業のチャットレディは経費として認められるものがほとんどありません。
パソコン代ぐらいでしょうか。

また、よほど所得が高くない限り経費を申告してもそこまで節税になりません。

確定申告で準備するもの

確定申告では、本業の源泉徴収票と、前年度チャットレディでいくら稼いだのか分かる明細などがあればOKです。
源泉徴収票に関しては徴収票なしでも前年の所得が分かればOKです。

チャットレディが確定申告から会社にバレないようにする方法

 

以上の確定申告を行うと、会社に副業がバレる恐れがあります。
なぜなら、確定申告をすると住民税の金額が高くなってしまうからです。

住民税は会社が給料天引きという形であなたの代わりに払ってくれます。
ですが、チャットレディの収入が加算されてしまうため、住民税の金額が異なってしまうのです。

よく、ほかのウェブサイトを見ると、

チャットレディは確定申告すると、住民税の金額がおかしいから会社にバレる

という意見をよく見ます。ですが、これは間違いです。
間違いである理由は3つあります。

①自分で申告すればOK

 

住民税は会社天引きではなく、自分で申告することもできます。
やり方は確定申告するときに自分で申告する(普通徴収)と言えばOKです。

他のサイトではこの方法はあまりおすすめできないとか書かれていましたがおすすめできない理由が私には分かりません。

自分で住民税を納めるのは法律で認められている方法です。

もし窓口で拒否されても「普通徴収します!」といえば税務署の人も断れないと思います。

②何の副業かわからない

もし、特別徴収で会社の給料から住民税を天引きにしても、それ即ちチャットレディをしていることがバレるわけではありません。

なぜなら、会社は「住民税が本来の金額と違うから、何か他に収入がある」ことしか分からないからです。

もし会社から呼び出されても、「何か副業をしていた」ことしかわからないためいくらでもいいわけができます。

居酒屋など他のアルバイトをしていた
ヤフオク・メルカリなどで転売していた
ブログ・YouTubeなどで稼いでいた
株・FX・仮想通貨で稼いでいた

副業OKの会社なら居酒屋とかでアルバイトしていたといえばいいです。副業NGの会社でも彼氏や友達、兄弟が経営しているお店や会社を手伝っていたとか言い訳する方法もあります。

ちなみに、投資関係は副業に該当しません。適当にビットコインで勝ったとか言っておけば大丈夫です。
ほかにも、親や曾祖父、親戚などの遺産が入ったことにしておけばそれ以上追及されません。

③そもそも何もしなくてもバレない笑

最後に、住民税の金額がおかしいからと言って、そこから副業がバレる可能性は低いです。
なぜなら、社員の住民税が適性な額かどうか、一々確認していない会社が圧倒的に多いからです。
そもそも、副業がバレるには給料担当の社員が気付いて上司にチクる必要があります。
給料担当の社員がおかしいと気付く可能性も低いですし、そこから上司に報告しても何の得にもならないので見過ごされる可能性が高いです(何も会社から言われていない限り)。

私も去年は副業で稼いだお金を確定申告しましたが、税金は特別徴収でした。

そのため、住民税の額が異なっていますが、会社から副業について聞かれたことはありません。

もちろん、住民税が明らかにおかしい金額(10万円とか)になるとバレる可能性が高くなりますが、そこまでの額でなければ心配しなくても大丈夫でしょう。

まとめ

 

チャットレディをしていることは税金からバレることはありません。
確かに、住民税を特別徴収にしていれば「給料の他に収入を得ていた」ことはバレますが、それ以外の情報が洩れることはないです。
さらに、住民税を特別徴収(天引き)ではなく普通徴収にしていれば会社にバレることすらありません。

そのため、

特別徴収ではなく普通徴収にする
別のアルバイトや投資をしていたと誤魔化す

どちらかの対策を取れば、あなたがチャットレディをしていたということは会社にバレることは絶対にありえません。

最後に、チャットレディが会社にバレるのは税金関係ではなく、あなた自身のせいであることがほとんどです。
上司に申告する人はいないでしょうが、仲のいい友達や同僚などにうっかり打ち明けてしまうと、そこから広まって噂になってしまうのです。

口は災いの元なので、チャットレデイをしていることは絶対に誰にも言わないようにしましょう。

関連記事

チャットレディはバレる?家族や友人、ストーカーにバレない方法を紹介!
チャットレディは誰かにバレるのでしょうか?家族や友人、恋人などの同居人を始め、お客さんに特定されてバレるリスクについても対処法を徹底解説します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました